ニキビや毛穴におすすめクレンジング選び、種類違い

ニキビや毛穴のザラつき、毛穴の黒ずみが気になっている方は、不必要に「洗う」「落とす」「キレイにする」という意識を持ってしまっています。

ニキビも毛穴のトラブルも油や汚れが詰まっているので、その汚れをとろうという意識が過剰に働いているのかもしれません!それで、たまにご相談で

「クレンジングはオイルかミルクかジェルか、どのタイプがおすすめですか?」なんて聞かれることもありますが、そもそもクレンジングで肌の汚れを落とそうと思う事が間違いなのです!

クレンジングは、メイクや下地、日焼け止めなど油性のものを落とす、というより浮かせ、その浮いた油汚れを泡の洗顔でキレイに洗い流す!という流れになります。

なのでクレンジングはお化粧したものを落とす(浮かす)役割であって、肌そのものの汚れを詰まりを取ってキレイにするものではありません。

朝したメイクを落とす事がクレンジングの役割です。クレンジングで肌そのものをキレイにしようとしてはいけません。なのでメイクもなにもしていないのに、肌が汚れているから詰まりが気になるからといってクレンジングをしてはダメなのです。

たまに、朝のスッピン時にもクレンジングと泡洗顔をされている方もいますが、それは肌を傷める行為でしかありません!

そしてクレンジングの種類なのですが、オイルやミルクやジェルなど種類も様々ですがオイルでもいろんなオイルがあり、オイルだからこうです!なんて事は言えないのですが基本的には

オイル>ミルク>ジェルが油分が多く、界面活性剤が多いのがオイル>ジェル>ミルクといった感じです。

ただ、ジェルもオイルフリーのものやオイルの入ったものなどありますので、まあなんとなくの目安として見てください。それよりも私がお伝えしたい簡単な見分け方は

メイクが簡単に落とせるか、落ちにくいかです。
どっちが良いと思いますか?

普通はメイクが簡単に落とせるものを選びがちかもしれませんが、簡単に落とせるという事はそれだけ洗浄力や油を浮かせる力が強いということです。

簡単に落とせる、というのは楽ではありますが強力であればあるほど、肌のバリアや必要な潤いなども取ってしまい肌を傷めます。

コチラで販売しているのはミルククレンジングになりますが、使い方次第ではウォータープルーフのものなど落ちにくいものもしっかり落とせますが、簡単にスルッと落ちる!なんてことは絶対にありません。

少し面倒ですが、肌に馴染ませていく時間、つまり手間がかかります。

簡単で楽な方を取るか、少し手間がかかっても肌に優しいものを選ぶかどちらかです。

そして、最初にお話ししたようにクレンジングでメイクを落とす以上に、肌の汚れや詰まりも落とそうとすると、その場はスッキリするかもしれませんが肌を傷める事になり

毛穴が余計広がって目立ち、その広がった毛穴に汚れが詰まりやすくなったり結局汚れやすい詰まりやすい肌となります!

これはいつも言っていることですが、その場のキレイと、肌そのものをキレイにしていくのでは根本的に違います。無理に肌をツルツルにしても、後々大変なことになりますので、今も大切ですが、今だけを見て先の事を見失わないようにご注意ください。

クレンジングで肌にメイクが残ってしまうのは問題ですが、クレンジングでは肌をキレイにする汚れを取るのではなく、メイクをとってあげることだけ考えてください。

肌が傷つかないと、肌は自分の治癒力でニキビも毛穴もキレイにしていってくれます。逆に肌を傷めて無理に汚れや詰まりを取ってしまうと、取ったその場はキレイになったと感じても肌が次第にボロボロになっていきます。

ニキビや毛穴の汚れの酷い方が言われるのが、しっかり洗っていキレイにしているのにザラつきがニキビが治らない。なんて言われますが

それは洗う事で肌を傷つけているから治らないだけなんです。

にきび治らない原因、背中ニキビ遺伝、子供のにきび治らない体質遺伝 
 HOエッセンスミルクとHO洗顔deシャンプーのセット
初回限定の特別プレゼント付(4,600円相当分)
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

肌王子オススメのスペシャルセット(13,300円)
※これで肌王子が本物であると、肌で実感していただける自慢のセットです。

肌王子の伝えたいこと
mess


ニキビケア相談所TOP                  ニキビ原因HO洗顔でシャンプー