乳液は肌に必要?乳液の役割とは!

前回の「美容液の役割」や「化粧水の役割」に続いて今回は乳液の役割についてお話ししていきます。

クリームも乳液と同じで考えていただいて良いですが、私的には乳液やクリームはあまりオススメ出来ません!

それはなぜか?というと、乳液やクリームに必ず「界面活性剤」が含まれるからです。
あえてココでは界面活性剤の説明はしませんが、今までに何度も界面活性剤の肌への悪影響はお話ししてきましたように

界面活性剤が肌に良いということは聞いたこともありませんし、悪い点でしかないように思います。

そしてその界面活性剤が乳液やクリームには100%といってもいいほど含まれます。それは乳液やクリームの性質上避けられないことなのです。

一般的には乳液やクリームは、化粧水などの水分を閉じ込める「蓋をする」なんて表現をされますが、あまりそのような効果はなく界面活性剤による悪影響の方が強いでしょう。

そして、いつも界面活性剤を強調していますが実は乳液やクリームなどは界面活性剤だけではなくいろんな悪影響も化粧品によってはありますが、それはまた違う機会にさせていただきます。

今回は界面活性剤についてお話していきますが、最初にお話しした通り乳液やクリームにはどうしても界面活性剤が含まれます。ただ、乳液やクリームでも界面活性剤が入っていないと思い込んで選んで使っている方も多く

それは、合成界面活性剤無添加とか不使用って宣伝されているのを勘違いしてしまったりです。合成の界面活性剤は入っていなくても「界面活性剤」は入っているということなんですが、それを勘違いしてしまったり

または店頭で購入される場合などは、販売されている方も勘違いをしていて「界面活性剤は入っていません。」なんていうのを鵜呑みにしてしまう場合などもあります。

それはネットでも言えることなんですが、界面活性剤が入っているのにも関わらず「界面活性剤不使用」と書かれているサイトも多いです。

ただ乳液やクリームとは油と水が混ざり合った、つまり「乳化」している状態なのですが、その油と水を混ぜる乳化させるためには、混ぜるための成分が必ず必要になるのです。

その乳化させるための成分が「界面活性剤」なので、乳液やクリームの油と水が分離していない以上は絶対に入っています。

ただ近年、その常識を覆すような製法を神奈川大学が発見し特許を取得しましたが、その特許製法を使わせていただいて作った乳液が肌王子のオリジナル化粧品の「HOエッセンスミルク」なのです。

もちろん特許を使わせていただくのも無料ではないので、HOエッセンスミルクも決して安いとはいえない金額となっていますが、それでもお徳用の大きいサイズもありますし、高密度なので量は少なくて済むので1カ月あたり1,500〜2,000円くらいです。

その特許製法を使った界面活性剤を使わずに乳化させた化粧品は、私が知る限りまだ他にはありません!

話がかなり脱線してしまいましたが、乳液やクリームの役割は肌に油分を与えるということです。化粧水で水分を与え乳液やクリームで油分を与え、肌の水分や油分の潤いを調整するということです。

ですから肌の状態によっては、化粧水だけで十分だったり、化粧水と乳液を少しだけだったり、化粧水と乳液とクリームが必要だったりと

いつも言っている化粧品はあくまで「補助」ですから自分に足りないものを補給するので、肌の状態によっても変わってます。

ただ、油分が足りないからと乳液やクリームは界面活性剤やその他のデメリットもありますので、よ〜く考え油分が必要か?またどの製品を使って油分を補うのか、そこが大切です。

あと、これもまた別の機会にお話ししていきますが、顔がベタついたりテカるので私の肌は油分が多いとか脂肌なんて言われ、だからHOエッセンスミルクは私には必要ないのでは?と聞かれたりもします。

が、しかし実際はそうではありません!テカったり自分の脂でベタつく方に限って乾燥していて、水分はもちろん油分も足りない場合がほとんどです。

顎にきび治らない原因、背中ニキビ遺伝、子供のにきび治らない体質遺伝 
 HOエッセンスミルクとHO洗顔deシャンプーのセット
初回限定の特別プレゼント付(4,600円相当分)
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

肌王子オススメのスペシャルセット(13,300円)
※これで肌王子が本物であると、肌で実感していただける自慢のセットです。

肌王子の伝えたいこと
mess


ニキビケア相談所TOP                  ニキビ原因HO洗顔でシャンプー