ニキビの原因にアクネ菌は関係あるのか?

ニキビの原因である菌としてアクネ菌退治などを謳(うた)った化粧品、特に洗顔料や化粧水が多く存在しますが

実際はどうなのか?と疑問に思っている方も多いでしょう!

まずアクネ菌は常在菌であり、肌にとっても必要であり更にニキビの出来ない肌にも存在する菌なのです。まあニキビが出来ている状態では、詰まった油をエサにアクネ菌が増えてしまっているのも事実です。

しかし、増えてしまったから菌を退治するというのは、考えがあまりに安易すぎます。
アクネ菌を退治するということは、増えてしまったアクネ菌だけでなく他の大切な菌ですら退治してしまう行為になり、肌の菌のバランスが壊れます。

ちなみ菌も良い菌は弱く、悪い菌はウイルスなどもそうですが抵抗力や増殖力が強いので、やはり退治するということはリスクが大きすぎます。

さらにアクネ菌自体が増殖した原因は、エサとなる油が毛穴に詰まっていたりしていた事によるものなので、その原因をエサを無くさない限り、またスグにアクネ菌は増殖します!

そしてもう一つ、アクネ菌が増殖してしまった原因が、肌は健康であれば肌表面に汗と皮脂が混ざり合って出来たバリアがあり、そのバリアが実は弱酸性であり菌の増殖を防いでくれているのです。

少し難しい話になってきていますが、ニキビの出来やすい肌の方は自分の毛穴から出る皮脂も詰まりやすく、その毛穴に詰まった皮脂や化粧品の油が「エサ」な訳ですが、そのエサとなる皮脂が詰まりやすくなっているということは、皮脂が毛穴に詰まっているので弱酸性のバリアが出来ていないということでもあるのです!

皮脂と汗が混ざり合って出来た弱酸性のバリアは、菌の増殖だけでなく肌の内側の水分を蒸発(乾燥)させないためのバリアでもありますので

皮脂が詰まりやすくなっている、また詰まっている肌は、バリアがちゃんと出来にくい状態ですので、アクネ菌が増殖もしやすく乾燥もしやすい!という訳なんです。

どこかで、こんなお話しもしたかと思いますがニキビ肌で皮脂がテカったりベタベタするのに乾燥もしてるってナゼ?と思う方が多いですが、今言ったように皮脂が肌の健康を維持する大きな役割を持っていますので

皮脂が詰まりやすくなっている!ということは皮脂が正常に排出されていないということで、バリアも正常に出来ていないのでニキビだけでなく乾燥や肌のいろんなトラブルに関係してくるのです。

ちょっとアクネ菌から話が大きくなってしまいましたが、結論をいうと、アクネ菌を退治してもその場しのぎでしかないばかりか、良い菌も退治し肌のバランスも壊し、アクネ菌が増殖した原因の詰まりもなにも解決もしていないので

意味がない!もっというなら、一時的には良くなっても逆にニキビがいつまで経っても治らないという悪循環になります。


 
 HOエッセンスミルクとHO洗顔deシャンプーのセット
初回限定の特別プレゼント付(4,600円相当分)
↓  ↓  ↓  ↓  ↓

肌王子オススメのスペシャルセット(13,300円)
※これで肌王子が本物であると、肌で実感していただける自慢のセットです。

肌王子の伝えたいこと
mess


ニキビケア相談所TOP                  ニキビ原因HO洗顔でシャンプー